So-net無料ブログ作成
検索選択

たまには別ジャンルも!? [書籍]

M04130666-01.jpg先日、取引先に行く途中の電車の吊り革広告を見て買ってみようかと思ったのが、この「歴史でめぐる鉄道全路線」公営鉄道・私鉄1号
自分は今はやりの「鉄ちゃん」ではなく、子供の頃から船、飛行機、クルマ、バイクそして自転車と、乗物系の本は、それなりに買い込んだものの、何故か鉄道系は食指が動かずに人生を送ること約50年(笑)

まあ、普通の特集ならば買うことも無かったでしょうが、表紙に有る“東京を駆け巡った路面電車たち”のフレーズに、都内を走る荒川線以外の路面電車に乗った最後の世代としては、昭和の香りに心引かれるものがあったのが、主な購入動機。

84NSR.jpgそれともう一冊購入したのが、この「RACERS」vol.8ですが、バイク雑誌を買ったのなんて、一体何年ぶりなのか・・・!?
この「RACERS」ってムック本のことは、最近どこかのブログ記事で知ったのですが、80〜90年代の2輪世界GPが1番盛り上がった時代のマシンとライダーの組み合わせを、毎号ごとにピンポイントに紹介するという、マイナーというか、今の若い読者はほとんど無視した、40代以上向け雑誌(笑)

しかも今回の対象は、ライダーのスペンサーはともかく、マシンの方は、一般的に失敗作に分類されている、床下燃料タンクの84型NSR500!!
表紙に“ただV4を載せるだけじゃダメだ”なんてセリフが出ていますが、スペンサーにしてみれば“そのまま載せといてくれれば・・・”と思っていたのではないかと・・・!?(笑)

まあ80年代のGPに復帰した時のNR500に始まって、ホンダのエンジニアは下手をすると技術的な冒険(暴走?)をする傾向があった気がしますが、このマシンもその一台でしょうが、90年代中盤の一人勝ちの時代は、逆にエースライダーのドゥーハンが“ホンダはパワーは確実に一番有るんだから、下手に手を出すな!!”とばかりに、オーソドックスに徹したのが、勝因とも言えますから、ドゥーハンは正しかったのかも!?

さて、80年代を代表する変態マシンの84NSRが出たんですから、次は前述のNR500か、もしくはロン・ハスラム&エルフホンダで来ますかね!?(笑)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ミウラSV

こんばんは!
フレディー・スペンサーの表紙に思わず、オッとなりました。
まぁホンダも随分と変態チックなマシンを出してましたね。
3気筒のNS500も面白い発想でした。
>ドゥーハンは正しかったのかも!?
きっとまともな感性だったんでしょうか。
変なマシンを速く走らせるには、普通の感性では難しいということ?かな。

by ミウラSV (2011-02-27 23:40) 

ZENON

>NS500
あれは、重い4ストのNRの弱点を逆手にとって、多少パワーは無くとも軽量コンパクトなら闘えるとの、意図があってのものだったようですが、これはV4化と同時に、こんな冒険をする必要が有ったのかどうか?
>きっとまともな感性・・・
となると、エルフ・ホンダでそれなりの走りをしたロン・ハスラムは、スタートの速さだけでなく、感性もロケットだったのかと!?(笑)
by ZENON (2011-03-02 01:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0