So-net無料ブログ作成
検索選択

PC環境強化(3/4追記) [PC&周辺機器]

AirMac.jpg引越しを気に、ネット環境をそれまでのADSLからフレッツ光に変更したものの、無線LAN環境は以前からの機器を継続使用。
まあ光回線と言っても、マンションタイプのVDSL式なので最大でも100Mbpsで、有線接続でも40Mbps程度ですが、無線となると最大でも11Mbpsの有様・・・。
無線ルーターは、左のAirMac Expressですが、801gの旧規格品で、調べてみると、これを現行規格の801n対応品に変更すれば、それなりの速度アップが見込めるとか!?

WR8600N.jpgと言う訳で購入したのが、このNEC製の無線ルーターWR8600N。
2.4GHz帯と5GHz帯の同時通信が出来るとのことですが、はっきり言って昨今の通信環境の進化の速さには全く付いて行けない自分には、何が違うのかは良く分からず「まあ高性能なんだろうな・・・」と言う感じで購入・・・(笑)
以前はマニュアルを見ながら、ブラウザの設定メニューで数値を打ち込んでいた設定も、今では専用ソフトとボタンで一発設定ですが、逆に失敗した時には、どうして良いのか分からなくなるのは、良いのか悪いのか・・・?
結果、一発設定とまでは行かなかった物の、何とか環境設定に成功し、AirMacとは「今までありがとう」とオサラバすることに。
交換後の通信速度は、今までの最高11Mから22~28Mと倍以上の速度になりましたが、実際の転送速度は、相手側のサーバー能力等に左右されるので、通常使用では体感的にはあまり変りませんが・・・!?

HDD測定.JPGもう一つの問題は、WindowsノートPCの速度の遅さとHDD容量で、容量が80GBと少ないことに加え、機種名で検索して出てくる言葉は「遅い」「もっさり」(笑)
どの程度か具体的に見てみようと、測定ソフトをダウンロードして図った結果が左の数値。
他の人の結果を検索してみると、この数値って、昨今の製品とは比べ物にならいほど遅く、HDDと言うよりはUSBメモリー並の数値だとか・・・。
DSCF2417-HDD.jpgと言う訳で、雨の上がった午後からアキバに行って買ってきたのが、左の品物達で、1GBのメモリを2枚と、320GBの2.5インチHDDですが、HDDの銘柄は現行品と同じ東芝製。
メモリーに関しては、1GBから2GBにしても、あまり体感出来る差は出ないとの意見もありましたが「どうせHDDを替えるのならば、価格も安いしこちらの方も・・・」と言った感じで購入。
しかし、ルーター、HDDにメモリーの価格を合せても、一番上のAirMacの価格より安いなんて、初めて買った外付けHDDが、230“MB”で45,000円で「安い!!」と思っていた20年前からすると、PC関係機器の価格低下の凄まじさを、改めて実感。。。

(3/4追記)
HDD-N.JPGで、これがHDD交換後のスコア。
今までのものとは3倍近く早いスコアで、測定値だけでなく、起動&終了の体感速度も全く別物になりました。
メモリを1Gから2Gに交換した効果は良くわかりませんが、少なくとも今までの遅さは、CPU(AMD Turion64)の能力不足ではなく、HDDの遅さに起因していたことが証明された次第。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ドリームCB750

ご来店&お買い上げ ありがとうございました!
またお立ち寄り下さい。
by ドリームCB750 (2012-03-03 16:34) 

ZENON

>>CB750さんへ
ブログはチェックさせて頂きますので、気になる物が有ったらば、また寄らせて頂きます。
by ZENON (2012-03-04 17:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。