So-net無料ブログ作成
検索選択

Nikon-COOLPIX-P7100 [カメラ・写真]

Nikon-COOLPIX-P7100-camera.jpgリコーCX4が、購入から僅か一年半弱で、お亡くなりになって以降、次のデジカメ候補として、手動ズームのフジX-10に心が傾いていたのですが、結局買ったのは、このニコン・クールピスクP7100。
今月末に後継のP7700が発売されるせいか、Amazon価格が27,000円代と、発売時の半値近くになっていたので、思わず購入(笑)

以前から気になっていた機種ではあるのですが、サイズの問題から、自転車のサドルバッグに入れるのはキツそうなのと、価格から、購入をためらっていたのですが、今回、価格の問題はまあ解決。
後継機のP7700が出る今、何故旧型?と言う考えもあるのでしょうが、新型の明るいレンズは魅力的ですが、センサーが、最近はやりの高感度撮影の能力をアップさせるため、CCDから裏面照射型CMOSセンサーに変わりましたが、自分は高感度での連写や、動画撮影の能力は必要なし。
それに、ニコンの製品情報ページの撮影サンプルが、どうもP7100に比べてボンヤリしているように見えたので、新型は自分の中で脱落しました。

DSCN0017-cafe.jpgという訳で、朝から雷と雨が交互に続く天気では、安心して自転車に乗れる状況ではなかったので、午後からカメラを抱えて、試写がてら近場をぶらぶら。
まずは、最近近くにオープンした珈琲店を訪問し、図書館で借りた本を読みなからティータイム。
リコーCX4は機能的には良いカメラでしたが、撮った写真の色作り&質感は、好みとは違っていたのですが、これは、かなり自分の好みに近いです。

DSCN0019-D51-1.jpg都立農産高校の近くの公園に展示してある、D51です。
有るのは昔から知っていましたが、じっくり見るのは、実は今日が初めて。
ちなみに、今日の写真は、明るさと色合いは多少調整していますが、シャープネスは全くイジってません。
DSCN0022-D51-2.jpg運転席にあるメーター類ですが、見物人が触れないように手前にアクリル板の仕切りがあったので、手を伸ばして上の隙間から撮影しましたが、こういった時に、チルト式液晶モニターは便利。
金属パイプの質感も、リコーより自然な感じで、やはり自分はニコンの画像の作りが好みなことを実感。
また、去年修理に出したS10で、ニコンのスイバル機に慣れていた事もあり、気づいたら、正面にカメラを構えての撮影は、今日は全然していませんでした。
富士のX10にも未練はありますが、ネットのインプレを読むと、P7100はローパスフィルターが凄く薄い作りのようで、細部の描写が精緻とのことで、今日の写真でも、それは実感。
まあ、X10のセンサーが1インチになって、X-1Proと同様にローパスフィルターレスの仕様で発売されたら、その時には、また食指が動くかも!?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0