So-net無料ブログ作成
検索選択

昭和は遠くなりにけり? [昭和のモノ]

昭和・平成経過日集計2.jpg昨日のブロクで、今日が自分にとって区切りの日と書きましたが、それは今日の12月1日で、自分の人生の中での昭和を過ごした日と、平成になってから過ごした日数とが釣り合う日(それぞれ9,094日)なのです。

※暇人という批判はあえて無視します・・・。
元々考えて見るきっかけは、今の勤め先での勤務年数が、前の会社での勤務年数を超えたと分かった時で、それならば他の事はどうなんだと考えてみた次第。
それで、色々考えてみると・・・まず、自分の人生で父親が生きていた期間とそれ以降を比べると、父親は自分が21歳と8ヶ月の時に亡くなってますので、44歳になった時には、既に父親のいない期間のほうが長くなってます。

次に前述の会社の勤務期間ですが
(前社)1984年の4月から1997年の6月途中(倒産・・・)までの13年と2ヶ月
(現社)1998年の6月から現在なので、すでに15年半を経過
という訳で、こちらも既に現在の勤務先のほうが長いです。

38_02.jpg残るは、前の家(団地)に住んでいた期間と今の家に住んでいる期間ですが

(前の家)
1968年〜2011年9月までの約43年間
(今の家)
2011年9月〜現在までの約2年2ヶ月
というわけで、前の家の居住期間を抜くには、今の家に自分が90歳になるまで住まわないといけないですから、こちらは前の記録(?)を更新するのは無理かと・・・?(笑)

春の同窓会の案内文に「半世紀」と言う文字が書かれてましたが、50年も生きてると、友人の親御さんでも亡くなっている人がいたり、同級生でも亡くなったり体を壊している人も散見されますから、改めて考えてみると、学生時代なんてのは、もう手の届かない昔になってしまっている訳で・・・。
タグ:昭和 平成
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。