So-net無料ブログ作成

とりあえずの購入予定 [書籍]

001.jpg003.jpg正月休みが終わると、出版界の年末進行も終わって、新刊本の発行が始まる中で、現時点での購入予定は、この2冊(笑)
問題は、発売日に書店で購入するか、AmazonやYahoo!の通販で買うかですが、本屋ならば大手ではなくて、絶滅が危惧される街の本屋で買いたいところですが、予約しないと入荷しない可能性が高そうで・・・。
て言うか、その前に本の収納スペースを確保しないと、もはや整理がつかない状況になりつつ有るのが、最大の問題で。。。

自転車本購入 [書籍]

20101207_2.jpgこの2ヶ月と言うもの、すっかり曜日や日付の観念がおかしくなっていて、毎月20日の自転車誌の発売日にも、一週間くらいたってから気がつく始末・・・。
という中で、思い出したように帰りに本屋に寄ったときに見つけて買ってきたのが、この「シクロツーリスト Vol.1 旅と自転車」
昨今ランドナー復権が叫ばれて、色々な関連書籍が出ていますが、これはその中でも一番内容は濃いかも!?

でも、書籍で取り上げられるほどには、真新しいランドナーを見る機会があまり無いのは、どういうわけか・・・?

ロードバイク進化論 [書籍]

今日は、昨日までの不安定ながら、多少は涼しい天気から一転し、また猛暑が戻ってきたので、自転車で走るなら早めの時間に出る所でしたが、ここの所、会社で色々トラブルが有って、とてもじゃないけれど早起き出来るような、精神的状況には無し!!
ROAD.jpgと言う訳で、昼過ぎまで家でゴロゴロし、2時近くにクルマで出かけて、新三郷のララポートや書店に立ち寄ったりしたものの、結局、このエイ出版の「ロードバイク進化論(仲沢隆氏著)」を買ったのみで帰宅。
文庫ほどでは無いですが、A5サイズなので、通勤の電車で読むのも、余り苦にはならないかと!?
さて、明日こそ少し早めに家を出て、走ってきたいと思ってはいるのですが、はてさて…?

「のりりん」(笑) [書籍]

今日は自転車日和ではありましたが、年賀状を書き上げや、机周りのプチ大掃除、買い物の必要があったので、自転車ライドは週末までお預けに。
news_large_evening201002.jpg昨日の帰りにコンビニに寄ると、イブニング2010年2号で自転車漫画が新連載とのこと。
一昔前までは、競輪物を除く自転車漫画と言えば、ヤングキングの「アオバ自転車店」くらいしか無かったのに、今では少年チャンピオンの「弱虫ペダル」に始まり、少年サンデーでも少し前に連載が始まったはず・・・!?
しかしこの作品、主人公がムスタングに乗ったクルマの走り屋で、しかも自転車嫌い(!?)ですが、ネットで言われているとおり、こんなセリフがスラスラ出てくるのは、普段から自転車のことを考えている人間でないと、無理ではないかと。。。
ちなみに、最初に出てきた自転車乗りは、母親秘蔵のロータスのカーボンフレームにカーボンリムと言う、一台100万円コースのマシンに乗った女の子(表紙)で・・・。
この作者が書いた乗り物ネタの作品と言えば、以前にカワサキAR50に乗った高校生の話の読切りを、読んだことがありますが、さて、この先どんな展開になるのか?

自転車本購入 [書籍]

51LB4dhpPCL.jpg今日会社帰りに本屋によって買ってきた本がこれ。

米津一成さん著の「ロングライドに出かけよう」。
この人の前作「自転車で遠くへ行きたい」も以前に購入していたのですが、その続編と言える本です。

ところで、ネットでこの本の「BOOK著者紹介情報」から引用されたという、著者に関する情報を見てみると…

続きを読む


春の夜長(?)用の書籍 [書籍]

DSCF1268-800.jpgGW初日の今日は幸先よく快晴!!
しかし、相も変わらず風が強いのと、4月の疲れを癒したくて自転車に乗るのは休みとに。。。
結局、出かけたのは、区内の図書館を回って、春の夜長(?)用の自転車関連書籍を借りるのと、切れた蛍光灯のスペアを買いに出ただけ・・・。
ちなみに借りた本は以下の通りです。
(書名・出版社・発行年)
 (1)ツール・ド・フランスを追いかけて(白水社・1991.06)
 (2)ツール・ド・フランス物語(未知谷・1997.07)
 (3)一番新しいロードバイク<ツール・ド・フランスコンプリートブック>
   (枻出版社・2000.10)
 (4)Tour de France - 真夏を駆け抜けた男たちの23日間 - 1997(山と渓谷社・1997.09)

さて、これで夜も退屈しないで済むかも・・・?(笑)

天気が悪い日は自転車本を [書籍]

ここ数日は一月とは思えない天気で、今日は雨に加えて強い風で、当然のごとく自転車に乗るのは断念。
昼過ぎには雨は止んできたので、図書館に「予約本が入りました」とのメールを受けていた本を引取に出かけ、結果、借りてきたのは予約していたもの2冊と、別の1冊の計3冊。
090131-DSCF1147図書.jpg「ベルナール・イノーのロードレース」
ベルナール・イノー/著
「自転車ロードレース教書」
砂田弓弦/著
「スーパーカー誕生」
沢村慎太朗/著
◎ちなみに左は、今日買ってきた「自転車生活vol.18」

<しかし、「スーパーカー誕生」がこんなに分厚い本だとは…なんてったって、資料ページを入れると800Pオーバー!!>
図書館って、本はあくまで資料って考えで、お宝本って意識がないので、結構貴重と思われる古い本があっさりおいて有ったりするのが便利。
特に自動車やモーターサイクルは、その手の本のパックナンバー等をしっかり揃えている古本屋が、神保町や近所にも有りますが、自転車系の古い雑誌を揃えている古書店って見たことが無いけれど、何処かには有るんですかね?

明日は雨は上がるそうですが、相変わらず風は強そうなので、果たして走りに行けるかどうか?

読書の夏? [書籍]

読書の夏?
今日は朝から快晴で、普通ならばこれで自転車に乗らない手は無いと言う感じですが、朝から既に気温は30度を超え、最高気温は35度を超えるとの情報に、これでは摂取した水分を排出する為に走るようなもんなので、あっさり見合わせることに。。。
DSCF0680-600.jpgガソリン高騰の昨今ですが、さすがにこういう時はエアコン付きの誘惑には勝てず、また、こういう時ぐらいは活躍(!?)してもらわなければ所有している意味が無いとばかりに車で出かけることに。
しかし、昨年は車で走った距離と自転車で走った距離が拮抗していましたが、今年は完全に自転車が上回っているので、燃費の悪い愛車ですが、ガソリン高騰の家計への影響は少なく済んでいます。
これで趣味の中心が車から自転車に移行していなければ、どうなっていたことか…?

DSCF0685-800.jpgというわけで、読書の秋にはまだ早いですが、区内の図書館を回って本を何冊か借りてきました。
今は区の図書館のサイトにアクセスすれば、ネットで目当ての本が何処の図書館に在庫しているのか検索出来るので、以前のように図書館に出向いて、専用端末で検索しなければならなかった時代に比べ、格段に便利になりました。
で、借りてきた本はと言うと、やはり趣味丸出しの乗物関連ばかり。。。
「欠陥自動車業界(自動車ジャーナリズムの内輪話)」高斎正/著
「クルマが先か?ヒコーキが先か?」岡部いさく/著
「ツール 伝説の峠」安家達也/著
「ツール 100話(ツール・ド・フランス100年の歴史)」安家達也/著
「ペダリスト宣言!(40歳からの自転車快楽主義)」

自動車関連が2冊に自転車関連が3冊ですが、古い物と新しい物が混ざってますが、本のタイトルだけは自転車雑誌か何かで聞いた事が有る物ばかりで、一度読んで見たいと思っていた物ですが、図書館のサイトで検索すると、以外と区内の何処かの図書館に蔵書されているもんですね。
これで読んでみて面白ければ、資料として購入して本棚に並べようかと…?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。